凡例




KNERC主催の講習会

2017年度 年間予定
2017年4月29日(土)~30日(日)  2日間 「ADL研修会 第3回関西研修会」 終了
2017年5月6日(土)  1日間 「歩行」 終了
2017年5月7日(日)  1日間 「歩行」 終了
2017年6月24日(土)~26日(月)  3日間 「ハンドリング」 終了
2017年7月15日(土)~17日(月)  3日間 「出張KNERC in 熊本(初心者向け)」 終了
2017年8月7日(月)~8日(火)  2日間 「ST限定」 終了
2017年8月10日(木)~13日(日)  4日間 「体幹」 終了
2017年8月19日(土)~20日(日)  2日間 「ADL研修会 第2回中四国研修会」
                        詳細はこちら
2017年9月2日(土)~4日(月)  3日間 「課題遂行中の姿勢運動分析」詳細はこちら
2017年9月22日(金)~24日(日)  3日間 「APAsとBody Schema」 詳細はこちら
2017年10月13日(金)~15日(日)  3日間 「姿勢ADL研修会 第2回全国研修会
                        (大阪)」 詳細はこちら
2017年10月21日(土)~22日(日)  2日間 「初心者向けボバース入門」 詳細はこちら
2017年10月28日(土)~30日(月)  3日間 「歩行」 詳細はこちら
2017年11月25日(土)~26日(日)  2日間 「出張KNERC in 山形(初心者向け)」
2017年12月8日(金)~10日(日)  3日間 「ハンドリング」
2017年12月23日(土)~24日(日)  2日間 「出張KNERC in 東京(初心者向け)」
2018年1月6日(土)~9日(火)  4日間 「テーマ未定」
2018年1月27日(土)~28日(日)  2日間 「ST限定」
2018年2月17日(土)~19日(月)  3日間 「上肢・手」
2018年2月24日(土)~25日(日)  2日間 「姿勢ADL研修会 第3回関東研修会」
2018年3月10日(土)~11日(日)  2日間 「発達」
2018年3月20日(火)~21日(水)  2日間 「看護師、ヘルパー向け」
2018年3月24日(土)~25日(日)  2日間 「姿勢ADL研修会 第2回東海研修会」
※ 順次更新



開催日が後の講習会から順に掲載しております。


成人片麻痺者の歩行へのボバースアプローチ

3日間20時間講習、治療実習付

2017年10月28日(土)~30日(月)

装具を外して普通の靴で歩きたい...
杖をつかなくても歩ければ、買い物に行けるのに...
体がガチガチにかたくなって横断歩道が渡り切れない。。。
ちょっとした傾斜が怖い...
などなど

「歩行」に対する患者さんとセラピストの悩みは尽きません。
セラピストとして、具体的にどのようなポイントで評価・治療を進めたら、それらは達成されるのでしょう?

この講習会は、脳卒中片麻痺者の歩行パターンを改善し、安定性と実用性、汎用性の向上を深く考える講習会です。
実際の患者さんにご協力いただき、治療実習を行いますので、より具体的かつ実践的な講習会内容となっております。

*この講習会は、ある程度ボバースを学んだことがあり、ボバースで使われる用語に慣れている方にオススメです。

講師 講師:小野 剛(作業療法士/人間環境情報学修士/ボバース国際認定インストラクター/KNERC理事センター長)

実技アシスタントコーチ:受講生3~4人に対して1人のボバースセラピストが、みなさんをアシストします。
時間 28日(土)13:00~19:00
29日(日)9:30~18:00 18:30~懇親会 22日(日)9:30~17:00
*全20時間研修
開催地 MKボウル上賀茂3階 <http://www.knerc.or.jp/access.html
*無料駐車場多数あり
内容 脳卒中片麻痺者に対するボバース・アプローチのライブデモンストレーション、ボバース概念に関する講義と実技練習、グループワーク、グループによる片麻痺患者の実際の治療実習、講習会前の事前学習指導。
*注意:実技は短パン着用で、男性は上半身裸、女性はノースリーブorタンクトップ着用とします。
受講料 25,000円(税込27,000円)
*当NPO法人正会員の3000円割引をお使いいただけます(法人会員入会については、info@knerc.or.jpまでお問い合わせください)
*事前振込みにご協力ください
*講習会日まで2週間を切りますと、ご返金できなくなります。
対象 脳卒中片麻痺者のリハビリテーションに携わっている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
*3日間20時間の全日程参加できる方に限ります。
定員 28人(先着順)
備考 懇親会&臨床相談会:4,500円(税込)
*二日目の夜に、懇親会を企画しております。担当症例のビデオや写真をお持ちいただければ、臨床の相談に乗ります。ぜひご利用ください。
*諸事情により、2017年度講習会より初日のウェルカムランチはなくなりました。また昼食のお弁当サービスもご提供できなくなりました。悪しからずご了承くださいませ。
お申込み
詳細
【成人片麻痺者の歩行へのボバースアプローチ】お申込み・詳細ページへ

(重要!)
*お申込み後、1週間以内に「申込み確認」のメールを返信いたします。こちらからの申込み確認メールが届かない場合、なんらかの理由でお申込みは完了しておりません。必ず再度申し込みをお願いいたします。
お申込み締切 2017年10月上旬


ボバース初学者のための入門講習会

2017年10月21日(土)~22日(日)

ボバース概念について、初歩の初歩から学ぶ入門講習会です。

ボバースって、どんなことをするのか?
ボバースって、概念であって方法論や手技ではないって言うけれど、どういうこと?

これからボバースを学びたいという方、ボバースをかじってみたけれど、どうも理解できないという方、ぜひお越しください!
一から丁寧にボバースとはなんなのか?何を目指しているのか?についてご説明します。

*この講習会は、ボバースを初めて学ぶ方、学びはじめたばかりの方を対象とした内容となります。

講師 講師:小野 剛(作業療法士/人間環境情報学修士/ボバース国際認定インストラクター/KNERC理事センター長)

実技アシスタントコーチ:受講生3~4人に対して1人のボバースセラピストが、みなさんをアシストします。
時間 21日(土)13:30~19:00 19:30~懇親会
22日(日)10:00~17:00 (休憩1時間)
*全12時間研修
開催地 MKボウル上賀茂3階 <http://www.knerc.or.jp/access.html
*無料駐車場多数あり
内容 脳卒中片麻痺者に対するボバース・アプローチのライブデモンストレーション、ボバース概念に関する講義と実技練習、グループワーク。
*注意:実技は短パン着用で、男性は上半身裸、女性はノースリーブorタンクトップ着用とします。
受講料 15,000円(税込16,200円)
*当NPO法人正会員の3000円割引をお使いいただけます(法人会員入会については、info@knerc.or.jpまでお問い合わせください)
*事前振込みにご協力ください
*講習会日まで2週間を切りますと、ご返金できなくなります。
対象 脳卒中片麻痺者のリハビリテーションに携わっている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
*2日間12時間の全日程参加できる方に限ります。
定員 28人(先着順)
備考 懇親会&臨床相談会:4,500円(税込)
*初日の夜に、懇親会を企画しております。担当症例のビデオや写真をお持ちいただければ、臨床の相談に乗ります。ぜひご利用ください。
お申込み
詳細
【ボバース初学者のための入門講習会】お申込み・詳細ページへ

(重要!)
*お申込み後、1週間以内に「申込み確認」のメールを返信いたします。こちらからの申込み確認メールが届かない場合、なんらかの理由でお申込みは完了しておりません。必ず再度申し込みをお願いいたします。
お申込み締切 2017年10月上旬


姿勢コントロールの観点からADL動作を分析・治療する研修会

第2回全国研修会 in 大阪

2017年10月13日(金)~15日(日)

ボバース概念に基づいたADLへのアプローチに特化した研修会です!

姿勢コントロールの観点からADL動作を分析し,姿勢コントロールの観点からADL動作の治療を考える研修会です。
ADL動作に必要な姿勢コントロールの要素をきめ細かく分析し,片麻痺者が抱える個別の問題を深く理解するための研修会です。

今年度より、各セッションの時間を2時間から3時間へと大幅に増やし、深く深くADLの構成要素に対するハンドリングを勉強していただきます。

*(重要)ボバース初学者の方には、この研修会はお勧めしません。
ボバース関連の講習会や勉強会に複数回参加したことがあり、ある程度ボバースを理解している方向けの内容となります。

講師 講師:小野 剛(ボバース国際インスラクター、KNERC、OT)
アシスタント講師:井上 聖一(大寿会病院、PT、大阪)
         植野 拓(千鳥橋病院、PT、福岡)
         大貫友理衣(KNERC長期研修生、OT、京都)
         大村 衡史 (城北病院、OT、石川)
         小俣 彩(リカバリータイムズモア、OT、神奈川)
         角田 槙司(リハビリ訪問看護ステーション東大阪、
               OT、大阪)
         助川 雄紀(甲府城南病院,OT,山梨)
         中市 一雄(KNERC長期研修生、PT、京都)
         仲摩 勇輝(藤元上町病院、PT、宮崎)
         白 恭烈(淀川キリスト教病院、PT、大阪)

         *(重要)本研修会は、上記のアシスタント講師が
          ボバースインストラクター小野の監督・指導の下、
          ADL介入のアイデアを提示しながら進めていきます。

実技アシスタント:受講生4人にボバースセラピストが1人配置されます
時間 13日(金)19:00~21:00 (1会場1セッション:総論)
14日(土)9:00~19:15 (2会場×3セッション=6セッション:各論)
15日(日)9:00~16:00 (2会場×2セッション=4セッション:各論)

*実技が中心となる2日目と3日目の各論は、40人×2会場に分かれてそれぞれ別内容を提供いたします。
*注意:男性は上半身裸、女性はノースリーブorタンクトップ着用とします。
開催地 (大阪)森ノ宮医療大学
http://www.morinomiya-u.ac.jp/guide/access.html
受講料 16,000円(税込17,280円) 昼食代等は含みません
*NPO法人KNERCの正会員の方は、割引サービス(年間3,000円)をお使いいただけます。
*研修会まで2週間以内のキャンセルは、原則ご返金できませんのでお気をつけください。
対象 PT・OT・ST
*研修会の内容は脳卒中片麻痺者に対するリハビリテーションです *1日のみの参加も可能ですが、受講料は同額17,280円(税込)となります。
定員 80人(先着順)
お申込み
詳細
【姿勢コントロールの観点からADL動作を分析・治療する研修会 第2回全国研修会 in 大阪】お申込み・詳細ページへ

(重要!)
*お申込み後、1週間以内に「申込み確認」のメールを返信いたします。こちらからの申込み確認メールが届かない場合、なんらかの理由でお申込みは完了しておりません。必ず再度申し込みをお願いいたします。
お申込み締切 9月下旬
*定員を超える申し込みがあった場合、早期に締め切ることがあります


脳卒中片麻痺者のAPAsの問題をBody Schemaの観点から徹底的にアプローチ

治療実習付

2017年9月22日(金)~24日(日)

脳卒中片麻痺者の姿勢コントロールの問題は、地球重力(支持面)への対応、取り巻く生活環境への適応、課題に対する問題解決の場面など、様々な要因で発生いたします。
今回テーマに取り上げるAPAs(先行随伴性姿勢調節 anticipatory postural adjustments)は、上の3つ(重力、環境、課題)すべてが関係する姿勢コントロールの機能と言えます。
そして、片麻痺者のAPAsの問題へアプローチするには、Body Schemaに関する理解とBody Schemaを改善するハンドリング技術が必要です。
本講習会は、実際に患者さんにご協力いただき、3日間の治療実習を通じて、Body Schemaを変えるハンドリングのコツを学んでいただき、APAsについて、その機能や役割そして脳卒中片麻痺者が引き起こすAPAsの問題について深く理解していただく講習会となっております。

この講習会は、ボバース初心者の方に特におすすめですが、上級者の方もご受講いただけます。

講師 講師:小野 剛(作業療法士/人間環境情報学修士/ボバース国際認定インストラクター/KNERC理事センター長)

実技アシスタントコーチ:受講生3~4人に対して1人のボバースセラピストが、みなさんをアシストします。
*講習会の前から事前指導を行っております。講習会に向けて準備をお手伝いいたします。
時間 22日(金)13:00~19:00
23日(土)9:30~18:00 18:30~懇親会
24日(日)9:30~17:00
*全20時間研修
開催地 MKボウル上賀茂3階 <http://www.knerc.or.jp/access.html
*無料駐車場多数あり
内容 脳卒中片麻痺者に対するボバース・アプローチのライブデモンストレーション、ボバース概念に関する講義と実技練習、グループワーク、講習会前の事前学習指導。
注意:男性は上半身裸、女性はタンクトップ着用とします。
受講料 25,000円(税別)
*当NPO法人正会員の3000円割引をお使いいただけます(法人会員入会については、info@knerc.or.jpまでお問い合わせください)
*事前振込みにご協力ください
*講習会日まで2週間を切りますと、ご返金できなくなります。
対象 脳卒中片麻痺者のリハビリテーションに携わっている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
*3日間20時間の全日程参加できる方に限ります。
定員 21人(先着順)
備考 懇親会&臨床相談会:4,500円(税込)
*二日目の夜に、懇親会を企画しております。担当症例のビデオや写真をお持ちいただければ、臨床の相談に乗ります。ぜひご利用ください。

*諸事情により、2017年度講習会より初日のウェルカムランチはなくなりました。また昼食のお弁当サービスもご提供できなくなりました。
お申込み
詳細
【脳卒中片麻痺者のAPAsの問題をBody Schemaの観点から徹底的にアプローチ】お申込み・詳細ページへ

(重要!)
*お申込み後、1週間以内に「申込み確認」のメールを返信いたします。こちらからの申込み確認メールが届かない場合、なんらかの理由でお申込みは完了しておりません。必ず再度申し込みをお願いいたします。
お申込み締切 2017年8月中旬


ボバース概念に基づいた「課題遂行中の姿勢運動分析」

3日間 治療実習あり

2017年9月2日(土)~4日(月)

ヒトの動きをどう捉え、どう理解するか。
さらにそれを脳卒中片麻痺者のリハビリテーションにどう応用するのか。
ボバース概念に基づく動作分析は、ハンドリングによる介入を通して、その反応を分析し仮説を立てるという仮説検証作業の連続です。
この検証作業中の思考過程そのものがクリニカルリーズニング能力に繋がっていきます。
動作分析に苦手意識を持っている方、ボバース概念によるクリニカルリーズニングを学びたい方、インストラクターの頭の中を覗きたい方、どうぞご参加ください。

この講習会は、ボバース初心者の方に特におすすめですが、上級者の方もご受講いただけます。

講師 講師:小野 剛(作業療法士/人間環境情報学修士/ボバース国際認定インストラクター/KNERC理事センター長)

実技アシスタントコーチ:受講生3~4人に対して1人のボバースセラピストが、みなさんをアシストします。
*講習会の前から事前指導を行っております。講習会に向けて準備をお手伝いいたします。
時間 2日(土)13:00~19:00
3日(日)9:30~18:00 18:30~懇親会
4日(月)9:30~17:00
*全20時間研修
開催地 MKボウル上賀茂3階 <http://www.knerc.or.jp/access.html
*無料駐車場多数あり
内容 脳卒中片麻痺者に対するボバース・アプローチのライブデモンストレーション、ボバース概念に関する講義と実技練習、グループワーク、講習会前の事前学習指導。
注意:男性は上半身裸、女性はタンクトップ着用とします。
受講料 25,000円(税別)
*当NPO法人正会員の3000円割引をお使いいただけます(法人会員入会については、info@knerc.or.jpまでお問い合わせください)
*事前振込みにご協力ください
*講習会日まで2週間を切りますと、ご返金できなくなります。
対象 脳卒中片麻痺者のリハビリテーションに携わっている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
*3日間20時間の全日程参加できる方に限ります。
定員 21人(先着順)
備考 懇親会&臨床相談会:4,500円(税込)
*二日目の夜に、懇親会を企画しております。担当症例のビデオや写真をお持ちいただければ、臨床の相談に乗ります。ぜひご利用ください。

*諸事情により、2017年度講習会より初日のウェルカムランチはなくなりました。また昼食のお弁当サービスもご提供できなくなりました。
お申込み
詳細
【ボバース概念に基づいた「課題遂行中の姿勢運動分析」】お申込み・詳細ページへ

(重要!)
*お申込み後、1週間以内に「申込み確認」のメールを返信いたします。こちらからの申込み確認メールが届かない場合、なんらかの理由でお申込みは完了しておりません。必ず再度申し込みをお願いいたします。
お申込み締切 2017年8月初旬


姿勢コントロールの観点からADL動作を分析・治療する研修会

第2回中四国研修会

2017年8月19日(土)~20日(日)

ボバース概念に基づいたADLへのアプローチに特化した研修会です!

姿勢コントロールの観点からADL動作を分析し,姿勢コントロールの観点からADL動作の治療を考える研修会です。
ADL動作に必要な姿勢コントロールの要素をきめ細かく分析し,片麻痺者が抱える個別の問題を深く理解するための研修会です。

この研修会は,中四国の他に関東、関西、東海、九州の各地で開催しております。また、全国大会も開催しております。

今回は、各セッションの時間を2時間から3時間へと大幅に増やし、深く深くADLの構成要素に対するハンドリングを勉強していただきます。研修会全体の時間数もこれまでの12時間から14時間に拡大いたしました。

*(重要)ボバース初学者の方には、この研修会はお勧めしません。
ボバース関連の講習会や勉強会に複数回参加したことがあり、ある程度ボバースを理解している方向けの内容となります。

講師 講師:小野 剛(ボバース国際インスラクター,KNERC,OT)
アシスタント講師:高木 康彰 (HITO病院,PT)
         中村 龍二 (勝山サテライトクリニックデイケア,OT)
         村上 祐介 (脳神経センター大田記念病院、PT)
実技アシスタント:受講生4人にボバースセラピストが1人配置されます
時間 19日(土)11:00~18:45 (10:30~受付)
20日(日)9:00~17:15
*全14時間研修
開催地 (広島県福山市)脳神経センター大田記念病
https://www.shouwa.or.jp/access
内容 *(重要)本研修会は,ボバースインストラクターによる講義・実技・脳卒中片麻痺者のライブ治療デモンストレーションの他,アシスタント講師がボバースインストラクターの監督・指導の下,具体的なADLへの介入のアイデアを提示しながら進めていきます.その他,受講生同士の実技練習やグループディスカッションなど,様々な内容を準備しております.
受講料 14,000円(税別) 昼食代等は含みません
*当NPO法人正会員の3000円割引をお使いいただけます(法人会員入会については、info@knerc.or.jpまでお問い合わせください)
*事前振込みにご協力ください
*講習会日まで2週間を切りますと、ご返金できなくなります。
対象 PT・OT・ST
*研修会の内容は脳卒中片麻痺者に対するリハビリテーションです *1日のみの参加も可能ですが、受講料は同額14,000円(税別)となります。
定員 40人(先着順)
お申込み
詳細
【姿勢コントロールの観点からADL動作を分析・治療する研修会 第2回中四国研修会】お申込み・詳細ページへ

(重要!)
*お申込み後、1週間以内に「申込み確認」のメールを返信いたします。こちらからの申込み確認メールが届かない場合、なんらかの理由でお申込みは完了しておりません。必ず再度申し込みをお願いいたします。
お申込み締切 7月上旬
*定員を超える申し込みがあった場合、早期に締め切ることがあります


過去の講習会はこちら




IBITA / JBITA 関連

開催日が後の講習会から順に掲載しております。


2017年度 ボバース概念に基づく成人片麻痺基礎講習会 (B)

(3週間) <IBITA/JBITA認定講習会>

【講師】小野剛
 (KNERC理事センター長・作業療法士・ボバース国際認定基礎講習会インストラクター)

共催 JBITA 日本ボバース講習会講師会
開催日 (前半)2017年9月25日(月)〜29日(金)
        10月2日(月)〜6日(金)の2週間
(後半)2018年1月15日(月)〜19日(金)の1週間
開催地 上賀茂神経リハビリテーション教育研究センター
(京都市北区上賀茂西河原町1-1)
内容 (講義)ボバース概念による評価と治療、神経生理学的背景、正常運動の効率性、運動制御と運動学習
(実技)正常運動の分析、姿勢コントロールの促通、立位、歩行、上肢機能、24Hコンセプト
(デモンストレーション)インストラクターによる片麻痺者の評価と治療
(治療実習)受講生による片麻痺者に対する治療と発表、ディスカッション
費用 150,000円(消費税別) *KNERC会員割引は適用できません。
定員 12名  締切:定員に達したため受付を終了しました
対象 理学療法士、作業療法士
JBITA主催イントロダクトリーモジュールを受講済みのこと
詳細 【2017年度 ボバース概念に基づく成人片麻痺基礎講習会 (B)】お申込み・詳細ページへ


2017年度 ボバース概念に基づく成人片麻痺基礎講習会 (A)

(3週間) <IBITA/JBITA認定講習会>

【講師】小野剛
 (KNERC理事センター長・作業療法士・ボバース国際認定基礎講習会インストラクター)

共催 JBITA 日本ボバース講習会講師会
開催日 (前半)2017年5月15日(月)〜19日(金)
        5月22日(月)〜26日(金)の2週間
(後半)2017年8月28日(月)〜9月1日(金)の1週間
開催地 上賀茂神経リハビリテーション教育研究センター
(京都市北区上賀茂西河原町1-1)
内容 (講義)ボバース概念による評価と治療、神経生理学的背景、正常運動の効率性、運動制御と運動学習
(実技)正常運動の分析、姿勢コントロールの促通、立位、歩行、上肢機能、24Hコンセプト
(デモンストレーション)インストラクターによる片麻痺者の評価と治療
(治療実習)受講生による片麻痺者に対する治療と発表、ディスカッション
費用 150,000円(消費税別) *KNERC会員割引は適用できません。
定員 12名  締切:定員に達したため受付を終了しました
対象 理学療法士、作業療法士
JBITA主催イントロダクトリーモジュールを受講済みのこと
詳細 【2017年度 ボバース概念に基づく成人片麻痺基礎講習会 (A)】お申込み・詳細ページへ


過去の講習会はこちら           




センター長の講習会(KNERC主催以外)

開催日が後の講習会から順に掲載しております。
講習会の詳細はリンク先をご参照ください。



バイオメカニクス・神経科学から見た歩行障害に対するアプローチ

2017年8月26日(土)~27日(日)

 歩行障害に対するアプローチを行う際,どのような視点から分析すべきか,問題点をどのように捉えるべきか,と試行錯誤しながら日々クリニカルリーズニングを行っているかと思います.いずれにしてもセラピスト自身が多角的視点を持つ事が重要であり,それらの視点の広さが治療のアイディアや工夫に直結すると言っても過言ではありません.今回,バイオメカインストラクターの石井慎一郎先生とボバース国際インストラクターの小野剛先生をお招きし,それぞれの視点から見た歩行障害に対するアプローチについて実技を交えてご講演して頂く事となりました.明日からの臨床に活かせる内容となっておりますので,是非ご参加下さい.


【講師】石井慎一郎 RPT,Ph.D.
     神奈川県立保健福祉大学 教授
     バイオメカインストラクター
    小野剛 OTR,MSc
     上賀茂神経リハビリテーション教育研究センター センター長
     ボバース国際インストラクター

時間 26日(土)10:00〜17:00 (9:30受付開始)
27日(日)10:00〜17:00
開催地 上賀茂神経リハビリテーション教育研究センター
(京都市北区上賀茂西河原町1-1)
アクセスマップ
*無料駐車場多数あり
受講料 16,000円
*事前振込みにご協力ください。申し込み頂いた方に振込先をご連絡させて頂きます。
対象 PT・OT・ST
プログラム 8月26日(土)
石井先生「バイオメカニクスから見た歩行障害に対するアプローチ」

8月27日(日)
小野先生「神経科学から見た歩行障害に対するアプローチ」
*実技を行いますので動きやすい服装でご参加下さい.
定員 40名
詳細 https://www.pt-ot-st.net/index.php/seminar/detail?no=51482

お問い合わせ先:
rihaken.zimu@gmail.com(リハビリテーション研究会 事務局)


過去の講習会はこちら




KNERCの臨床見学


参加可能な日程は上記のカレンダーをご確認下さい。



※ 全ての日程で「臨床見学x5days」受講生を優先します。
※ 同一週に4日間以上の「臨床見学+Plus」のお申し込みはお受けしておりません(最大3日間まで)。同一週に4日間以上をご希望される方は、「臨床見学x5days」としてお申し込みを受け付けます。




KNERCのプライベート研修をお引き受け可能な日


詳細内容はこちら


引き受け可能な日は上記のカレンダーをご確認下さい。



※ ナイトセミナーは随時受け付けております。